私は、子供の食事で心配をしていることがあります。

それは、普段の食事の中でも、炭酸水を飲んでいるということです。
その炭酸水というのは、市販のもので、糖分が入っているもしくは、ノンカロリー炭酸という表示のものを摂取しているものです。
炭酸は、体にとって、ある意味ではよいということも聞いていますが毎回のところで水分を取るというと、炭酸水となっているので、そのようにして飲んでいるのは、飲み過ぎではないかと心配をしています。

 

子供にその理由を聞くと、通常の水分摂取では物足りないということなのです。それは通常の水などは、普通の感じがするので、もっと炭酸水のように刺激のある飲み物が欲しくなるということです。
私が炭酸水を飲むのは、スポーツをした後に、喉が渇いた時など、スッキリとした気分になりたいと思って飲むことが通常と思っています。しかし、通常の食事の時に、お茶や水のように飲むことは、私の感じからすれば考えられないことなのです。
子供にそのことを話すと、子供の通っている中学では、結構の割合で多くの子供が、そのように食事の時に炭酸水を飲んでいる人が多いということを、子供から聞きました。
そのことを思うと、私の子供だけではなく、通常の食事の時に、水やお茶ではなくて、炭酸水を飲んでいる人が結構いるということです。
それは、今の世の中で通常となっているのかと心配したりしています。炭酸水といえば、スポーツのときや、普通のカフェなどで飲むものと思っていました。しかし、食事の時にも現在は、飲む飲み物の一つとして成り立っているようです。
そのことを子供と話をしていると、私の感覚がおかしいのかとさえ思ってしまうほど、子供はそのことについて、当たり前という感覚を持っています。
ご飯と炭酸水は、考えただけでも合わないと思います。またパン食としても、ミルクやコーヒーと違い、炭酸水は私のなしではなしという感じです。
子供の時代は、ストレスが多く、そのストレスを抱えているので、気持ちをすっきりとさせたいと思って、いつも炭酸水を求めてしまうのだろうかと心配しています。
また炭酸は、骨に影響はないのかなと言うことも、心配しているのです。普通の魚などの骨の場合、炭酸をいれることによって、溶けるところも、見たことがあります。
人間の骨の場合は、そのようなことはないかもしれませんが、毎日毎日、炭酸水を数回飲んでいるところを見ると、本当にこのままでいいのだろうかと、真剣に困っているところです。