子どもの食生活には本当に苦労させられています。

私はあまりファストフードやコンビニ弁当、冷凍食品を子どもには食べさせたくなかったので、どんなに疲れていてもごはんだけは手作りして食べさせていました。しかし子どもは好き嫌いもありますし、その時疲れていたり、眠かったりしたら、なかなか食べてくれません。この前はおいしいといって食べてくれていたのに、今日はおいしくないといって食べてもらえなかったり、ということも何度もありました。

 

新しい料理に挑戦したくても、子どもが食べてくれなかったら、どうしよう、と考えてしまってどうしてもいつも同じような味付け、レパートリーになってしまいます。また、私の子どもは小柄でかなり細いので、とにかく食べさせないといけない、という気持ちが先走ってしまい、ご飯の時間が毎回とても憂鬱でした。

 

一緒に食べていて、子どももおいしくないだろうな、ご飯の時間がいやだろうな、と思うのですが、こちらがにこやかに話しながら食べると子どもも話したりしてまったく食が進まず、最初は楽しくご飯を食べていても、途中から私は「早く食べなさい」としか言わなくなってきて、最終的に怒って食べさせるという食事になってしまっています。

 

これではだめだと思い、子どもに食事の準備を手伝わせるようになりました。現在4歳ですが、卵を割らせたり、とうもろこしの皮をむかせたり、トマトのへたをとったり、子どもはたいてい手伝いたいといってくるので、何か簡単なものを見つけてやらせるようにしています。するとご飯のときに、「○○が作ったとうもろこしおいしいね」などと言って、パクパク食べるようになりました。自分が手伝ったものはすべておいしいと思い込んでいるので、だいたいおかずとご飯とお味噌汁すべてのものに関わるようにお手伝いさせています。

 

また、子どもは女の子なのですが、とにかくハートが大好きなのでご飯をハートの形に盛り付けたり、ハートのカップに入れてだしたりすると喜んで食べるのでこの方法もおすすめです。子どもがご飯を食べるようにあれこれ試行錯誤しましたが、これらの方法でいったいいつまで乗り切れるかわかりませんが、食べるスピードを上げることと、遊ばずに食べることを今のうちに習慣づけることができたらな、と考えています。また子どももだいぶ大きくなって、一緒に会話を楽しめるようになってきたので、会話を楽しむごはんの時間を心がけていきたいと思っています。